ホーム > ミシンの森 > アックスヤマザキ通信

ミシンの森

アックスヤマザキ通信

作品作り

2020/03/17

【マスクの作り方動画】を公開しました

こんにちは。
入園入学準備の手作りをされている方も多いかと思います。

今年アックスヤマザキから子育てするママさんたちを応援するミシン【子育てにちょうどいいミシン】が発売です!
アックスヤマザキのYoutubeチャンネルでは子育てに役立つレシピ動画を多数公開中です。

今回は、商品に付属のレシピには掲載されていませんが手作りマスクの動画を公開しました。
今たくさんのマスクの作り方があり、どれを選んでいいのか迷われている方もおられるかと思います。

初心者の方にも作りやすい内容で作成しましたので、よろしければご覧ください。

【youtubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCVHHtgihSiZEL3321iIuAdQ/

【子ども用マスクの作り方】
https://youtu.be/AnN_-xEFaG4

【大人用プリーツマスクの作り方】
https://youtu.be/m72Z8gPvDEw

2020/01/21

【ミシンの修理】ボビンケースに小さなホコリ

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキです。


本日は、久しぶりに修理工房よりレポートです。

ボビンケース
こちら、修理で届いたミシンに入っていたボビンケースですが。。。
赤丸で囲んだ部分が糸調子をとっているバネの部分です。
よく見ると先端に白い綿ぼこりが噛みこんでいます。


綿ぼこり
角度を変えてもう一枚。
見えにくいですが、解りますでしょうか?


針先で取り除きます。
針先をつかってホコリを取り除いております。


取れました!
取り出せました!
小さな綿ぼこりですがボビンケースに挟まっていると、糸にバネの力がかからず、糸調子がとれなくなってしまいます。
もちろん糸調子がとれない状態ではきちんと縫う事は出来なくなってしまいますのでご注意ください。

ここで疑問点が。。。

どうして、こんなところにホコリが挟まっているんでしょうか?


修理担当の技術者に聞いてみました。
長時間使用すると、摩擦で糸から綿ぼこりが出てくる事があります。
それが、丁度バネの部分に引っ掛かってしまっていたんですね。
糸の状態によっても変わりますが、特にロウ引きの糸や古くなった絹糸等は毛羽立ちやすいので、
ときどきはボビンケースもホコリが溜まっていないか確認してください。


という事です。
なるほど。勉強になりましたね。
過去の記事にもミシンのお手入れ方法を紹介しております。
普段たくさん使用されている方も、めったに使用はされない方も
時々はミシンのお手入れしてみてくださいね。
それではまた。

2019/12/27

素敵なバインダーの贈り物

こんにちは。
ミシンメーカーのアックスヤマザキです。

今年ももうあと数日、2019年もありがとうございました!
今年も、アックスヤマザキに贈り物が届きました。

素敵なバインダーの作品です。いつもミシン刺しゅうが美しい作品をありがとうございます。

こちらは手芸作家の 森恵美子先生の作品です。



グラデーションの刺しゅうが美しくとっても素敵です。

普通の家庭用ミシンの縫い模様でもこんなに素敵な作品が出来るということに改めて気づかされますね。

手芸作家として雑誌やテレビでご活躍中の森恵美子先生のブログにも
ぜひ訪れてみてください。

http://ameblo.jp/craftwoo/

それでは、皆さま。よいお年を!

2019/11/04

ミシンの押え金について

こんにちは。
ミシンメーカーのアックスヤマザキです。


本日はミシンの部品について書いてみたいと思います。

まず、よくお電話であるお問い合わせでは
「部品はどこで購入できますか?」というお問い合わせです。

部品はメーカーにて直接販売がございます。
当社でも郵便振り込みや代引き、ネット通販等でお求めいただけると思います。

メーカーへ直接連絡をしない場合は、一般の町のミシン店さんからもご購入いただけるかと思います。
ミシン店さんでお問い合わせしていただき、メーカーから取り寄せてもらう方法ですね。

そして簡単な取り付け部品の場合は、手芸店さんで市販されているものがご利用いただける場合もあります。
でも、部品でどのタイプを購入したらいいのか。。。なかなか解りませんよね。

家庭用ミシンの場合は「押え金具」は共通で使用できるもとメーカー純正の指定部品が販売されていますので、
ご利用のミシンのメーカー指定部品が無くても共通で使用できるタイプでご利用も可能です。

一般的な「押え」では下記のようなものがあります。


・直線&ジグザグ押え
ミシンの一般的な押えです。
直線でもジグザグでもご利用いただけるように、針の落ちる穴が楕円形になっています。


・直線専用押え
直線専用の押えです。針の落ちる幅のみの丸い穴が開いていますので、ジグザグなど他の模様には使用できません。
より直線が綺麗に仕上がります。


縁カガリ押え
・縁かがり押え
布端をかがり処理するときに使用する押えです。
布端に当てるガイドと糸ツレ防止の押えがついてますので縁かがりがより簡単にきれいに仕上がります。

ファスナー押え
・ファスナー押え
ファスナーを取り付ける為の押えです。
「片押え」とも言います。ファスナーに当たらないように針の片側を押えるように縫って行きます。
こちらは左右を選んで取り付けができます。

市販されている物では、布の片側を押えるのではなく押える幅が細いタイプもファスナーの取付に使用できます。

コンシールファスナー押え
・コンシールファスナー押え
コンシールファスナーというタイプのファスナーがあります。
リュック等のチャックに使っていただくのが通常のファスナー。
制服のスカートやドレスの背中等に使われている、布に隠すような細いファスナーがコンシールファスナーです。
コンシールファスナーには通常のファスナーとは異なり専用の押えが必要です。

テフロン押え
・スムース押え
ビニールコーティングの生地等、送りにくい布を縫う時に使用します。
通常の押えではコーティング生地は金具がくっついてしまいすべりが悪いためです。


ブラインドステッチ押え
・ブラインドステッチ押え(まつり縫い押え)
ズボンのすそ上げをする際に縫い落さないようガイドの役目をします。


簡単ですがミシン押え部品の紹介でした。
特殊なものも入れるとまだまだ種類はございます。
ソーイングの幅を広げるのに是非活用してみてください。
それではまた。

2019/10/10

マジックテープの縫いかたについて

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの浅井です。

芸術の秋。手作りも楽しい季節ですね。

さて、ミシンメーカーとはいいましても
ミシンを使いなれているのは毎日ミシンを触っている修理担当、技術担当のみなさま。

社員全員が全員ミシン大得意!というわけではありませんが、
私も個人的にもたまに手作りを楽しんでおります。
本日は以前つくった袋物から、マジックテープのワンポイントをご案内します!

 

譜面台ケース

筒状の袋です。(簡単なものですみません)

蓋の部分にマジックテープを使用しています。
マジックテープ取り付け
まずはマジックテープについてのおさらいです。


ミシンで縫う時は、、、
裏に粘着が付いているマジックテープは使わないでください!

なぜかと言いますと、
針がささる時にマジックテープの粘着物が針にまとわり付いてしまいます。
針自体がベトベトになります。

そして、針を通り抜ける糸にもベトベトと粘着物がついてしまい、
糸調子が取れなくなります。


ミシンで縫う時は粘着の付いてないマジックテープを使用しましょう。

マジックテープ内側

さて、マジックテープを縫いつける時ですが
 □ に縫ってから中に  を縫っている方が多いと思います。

ここで、しっかりと縫いつけるには  ではなく「はみ出すところまで縫います」
そうすることではがれにくく強度を持って縫いつける事が出来ます。


マジックテープ縫い方

 見えにくので、縫い目をなぞるとこのような状態です。
端は「返し縫い」で戻ってから角度を変えます。
そうすることで一番はがれやすい端の部分がよりしっかり縫いつけられます。

ただし、表側からは□で縫っておいた方が見栄えが良いというケースもあると思いますので
作品の内容や強度によって使い分けて頂くのが良いかと思います。

 以上、今回のワンポイント!「マジックテープの縫い方」でした。



刺繍、文字入れ
今回はコンピューターミシンを使用し、裏側の持ち手に刺繍ステッチと名前を文字入れしました。
刺繍用のステッチ糸等ではないのですが、黒い布だと充分に映えますね。
レースやタグを縫いつけたりするのも可愛いですが、ステッチを入れるのもなかなか可愛いなと思いました。


ではでは、皆さんもソーイングの秋を楽しんでください。

2018/12/28

かわいいリュックの贈り物

こんにちは。
ミシンメーカーのアックスヤマザキです。

今年ももうあと数日、2018年はみなさまどのような年でしたでしょうか?
本日は社内も一年のしめくくり。大掃除です。

先日、アックスヤマザキに贈り物が届きました。
とってもかわいい手作りのリュック!
手芸作家の 森恵美子先生の作品です。

こちらのリュック、1m×1mの布から作ることができるそうです。

ミシン刺しゅうでも普段いろいろな図案を作って頂いていますが、
手刺しゅうの丁寧なミシンの絵柄にほっこりしました。

森先生ありがとうございます。

手芸作家として雑誌やテレビでご活躍中の森恵美子先生のブログにも
ぜひ訪れてみてください。

http://ameblo.jp/craftwoo/

それでは、皆さま。よいお年を!

2018/11/15

糸調子が合わないトラブル「ボビンケースの故障」

こんにちは
 ミシンメーカーアックスヤマザキの浅井です。

毎日暑い日が続いてますね。
暑さに負けないようしっかり体力をつけて乗越えましょう!


さてさて、本日は久しぶりの更新です。
修理に帰ってくるミシンの中で
「糸の調子が合わない」という症状のミシンに以外と多い共通点があります!

ボビンケースの側面にあるマイナスネジ(糸調節ネジ)を外すと、
押えられていた鉄板(バネ)が外れるのですが。


そのバネの下には。。。。



ボビンケース



そう!糸調子が合わない原因は切れてしまった糸くずの残骸なのでした!



ボビンケース糸くず



ピンセットで取り除くと、こんなにたくさん!


糸を取り除いた後




ボビンケースの側面、糸の出口の所は鉄板がバネの役割をして、
ネジの締め方により糸を抑える力が変わります。
この部分で下糸の調子をとっているのですが。。。


こんなにゴミが溜まっていたら、糸調子も効きません!




なぜ、このように糸くずが残ってしまうかというと

1糸をかけたまま放置すると気温・湿度の変化でボビンケースと糸の接触している部分が錆びてしまう

2糸が切れやすくなり、切れた糸が写真のようにボビンケースのバネ下に残ってしまう。
これを回避するためには

「使った後、糸を外して置く」ことです。(※もちろん水平釡でも同じことが言えます。)



ただし、糸調子がきかなくなった状態でネジを外してしまうと、お客様では元に戻せなくなる可能性がありますので、
ボビンケースを新たに購入していただく事をお勧めします。

ボビンケースが錆びる症状は絹糸や木綿糸で特に多いです。
ろう引き糸などは放置しているとボビンケースが再起不能になるので使った糸は外しておきましょう!


 それでは、また。

2018/08/10

ミシンの下糸が切れる、原因は?

こんにちは。

ミシンメーカーアックスヤマザキの浅井です。


世間は夏休みですね。
当社にも先日より「夏休み中にミシンを使いたいと思うのです~」とのお問い合わせをちらほら頂いております。

日中の暑い日は、涼しくした部屋にこもってミシンに没頭するのもいいですね。


夏物の生地ですと、生地が薄い為噛み込みのトラブルが起きる可能性があると思いますので

針は細く
糸も細く
縫い始めは上下の糸を後ろで持ってスタート!


を確認していただければトラブルも起こりにくくなるかと思います。

それでも布が糸に負けてよれてしまったり、噛み込みそうになる場合は
生地の下にハトロン紙等を敷いて縫ってみてください。



さて、本日の本題ですが。

先日「縫い始めるとすぐに下糸が切れてしまうんです。
というお問い合わせを戴きました。

お電話では原因が解らず、ご購入後直ぐの症状でしたのでボビンとボビンケースを交換させていただく事になりました。


下糸をセットするまでは問題なく糸が出ているのですが、
いざ!縫い始めると下糸が出てこなくなって
プツンとちぎれてしまいます。。。


皆様、原因が何かわかりますでしょうか???


交換したボビンケースとボビンで問題無く縫えるようになった様で
トラブルの起きる部品を戻していただいたのですが。。。


ボビンケース

戻ってきたボビンケースとボビンです。
一見普通ですよね。
この状態では糸もスムーズに出てきており、問題はなさそうですが。。。



ボビンケースとボビン

中に入っていたボビンを取り出してみました。


この写真で原因が解ったかたは、なかなかミシンに詳しい方だと思います!!!






ボビン


原因はこちら。

糸に巻かれたボビンの巻き初めの糸が輪を作ってしまっています。
ボビンが回る時に、中で輪になった糸が引っ掛かり、ボビンが回れなくなってしまう為糸が切れていたのでした。

輪の部分は引っ掛かり噛み込んだ為、汚れてしまっていますね。



正しいボビンの状態

はみ出した糸を切って取り外しました。
これで正しい状態です。


些細な事ですが、ミシンは針と糸という非常に細いパーツで縫い目を作ります。
ちょっとした原因で縫えなくなってしまいますので、操作をするときは説明書を良く確認して行ってくださいね。


それでは、楽しい夏休みをお過ごしください!
ではまた。

2018/07/06

ミシンの修理について

こんにちは
ミシンメーカーのアックスヤマザキです。

毎日暑い日が続いていますね。


さて、今日は未然に防げる修理ミシンの例を紹介します。
修理で届いたミシンにお手紙が入っていました、内容は。。。。


(1) 下糸が均等に巻けず、台形になる。
【回答】機種によりますが、糸巻き案内の金具の高さで調整が出来ます。(お客様で調整可能な部分です―――説明書にも記載されています)

(2) ボビンに巻いた下糸がたるんでいる。
【回答】糸巻き案内の皿に糸がしっかりかかっていないため。(糸巻き案内部分で糸両端を引っ張ってみてください。皿の奥まで糸が入り込み、しっかりまけるようになりますよ。)

こういった内容のものであれば、ミシンの修理に出さなくてもお客様で簡単に直すことができます。

ときどき、こういった簡単な原因での修理もおくられてきますので
修理に出す前にもう一度確認してみてください。

修理に出さなくても、ご自宅で直ってしまう症状もたくさんあります。
一度お電話またはメールで修理にお送りいただく前にご相談いただければと思います。

2018/05/01

上送り押えの取付方

こんにちは。
ミシンメーカーのアックスヤマザキです。


本日はミシンアタッチメント<上送り押え>の紹介です。

上送り押えは布を送る補助の役割として様々な生地にお使いいただけます。
通常ミシンでは、布の下のギザギザした「送り歯」で布を送っていきます。
送りにくい素材(ニット生地・コーティング生地)等や上下を重ねて縫うときにずれやすい物(キルティング)
を縫われる際に、上送り押えを取り付けて頂くことで送り歯と連動して布の上側からもはさんで送る状態になります。

時々取り付け方についてのお電話もいただきますので
上送り押え>の取付け方法を案内させて頂きます。




1:ミシンに元々付いてる押え金を上げます。

1-1.JPG


2:押えホルダー止めネジ針板ドライバーで外します。
※ワンタッチで取り付ける押え金等は下のソリ部分のみで交換できますが
上送り押えは「押えホルダー」ごと交換します。


2-2.JPG


3:押えホルダーを外した状態です。

3-3.JPG


4:押えホルダーネジを更に緩め、ネジも外します

4-4.JPG


5:上送り押えを後方から差し込みます

5-5.JPG


6:5の際に上送り押えのフォーク(二股に分かれた部分)を針止めネジに咬ませます

6-6.JPG


7:再び押え金を下げます

7-7.JPG


8:先ほど外した、押えホルダーネジ針板ドライバーで締めなおします

8-8.JPG


9:完成です

9-9.JPG


このような手順でミシンに取り付けて頂きます。

慣れて頂ければ、装着も苦にならないので是非参考にしてみて下さい。
それではまた。

PAGE TOP