ホーム > ミシンの森 > アックスヤマザキ通信

ミシンの森

アックスヤマザキ通信

2015/01/23

縫い目が綺麗にならない原因(織糸の硬い生地)

こんにちは。

ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今回のお話はミシンで縫った後の、縫い目の見え方についてです。

布を縫い合わせたあと、縫い目が汚く見えたり、糸調子がなかなか合わないことなんかありませんでしょうか?


布は繊維の組み合わせによって形成されています。〈格子状に配列されています〉
布の織
この様に規則正しく繊維とすき間が並んでいます。

生地を縫うと、この繊維の網目に針が刺さっていく性質があります。

つまり、この繊維の隙間にミシンで糸を通し、2本の糸を絡めていきます。
糸を絡めるのは布の厚さの中心部分で交差させることから4本分の糸の玉になり、布の上下どちらから見ても同じに見えるように調整します。
布の厚みの中に上下糸の絡み目が収まるよう調節しますので、布の厚さが薄くなればなるほど糸が太くなるほど調節が難しくなります。

さらに、布の織方向(格子状の穴)にまっすぐ縫うと比較的きれいに見えますが、下の絵のように斜めに縫うと
針が刺さる穴の配列が不規則になるため、縫い目が不ぞろいになってしまいます。
これが布を断つときの決め手になるポイントです。
縫い目

布の上に見える糸の方向がばらばらになってしまいます。
柔らかい布では柔軟に糸の配列を直してくれますが、布の繊維がかたい場合は針を刺した穴が変形しにくいので、なかなかきれいに縫うことができません。

このようになりやすい布は、お弁当袋などに使われる木綿布などがそれです。可愛いイラストやキャラクターがプリントされている生地に使われていることも多い為、はじめてミシンを購入し、幼稚園や保育園の入園グッズを作ろう!と思った時にこういった織糸の硬いプリント生地が選ばれやすいのです。せっかくミシンを買ったのに縫い目が綺麗にならない!と試行錯誤しながらなんとか入園グッズを縫いあげているお母さんも多いのではないでしょうか?

こんなときは・・・・・
生地の繊維に沿って縫い目を仕上げる事はもちろんですが、
思い切って、糸を細くしてみましょう
針が刺さって、できた穴に糸の太さがフィットして、きれいに見えるようになりますよ。

2015/01/16

ミシンのホコリ掃除はマメにしましょう!

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。


さて、早速ですがミシンのお話です、今日は昨年末に引き続きミシンのホコリのお掃除についてです。


本日、調整修理に届いていたミシンですが
「動きが重い、音が大きい」というご内容でした。

背面カバーを開けてみると、釜後部のギアにホコリがびっしり!

釜のホコリ


ミシンの内部には油が使われていますので、ホコリが油と混ざってギアに絡みついていました。


これではミシンの動きも悪くなってしまいます。


では、ホコリの侵入はどうやって防いだらいいのでしょうか?




それは、ずばり!釜のお手入れです。

ミシンの釜の中ではボビンケースが回転しています。
糸が絡まった時の取り残された糸や、布を縫った時の綿ホコリ、糸からも微量ですがホコリが出ますね。

このホコリを掃除せずにミシンを動かし続けると、ミシンの釜の回転とともに、ホコリ達がぐんぐん奥へ侵入していってしまいます。


こまめにお掃除をしていただく事は見えているホコリだけでなく、
ミシン内部のホコリも防げる
んですね!

もちろん、使い終わった後はミシンカバーをかぶせることで、ミシンをホコリから守れます。


それでは、また!

2014/12/18

ミシン糸のお話

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今日は、ミシン開発技術担当の方からのお話です。

ミシンの開発を行う際には様々な条件でテストを行っています。
色々な糸、生地、針の組み合わせを試しながら問題点を潰していくのですが
いつも問題になるのが「ユーザーはどういう糸を使用するのか?」という疑問です。

買ったばかりの新品の糸もあれば
おばあちゃんの裁縫箱に入っていた糸、
10年間放置していたミシンについていた糸...etc.

お電話でお伺いする使用糸は様々です。

実は糸というのは古くなってくると
縫い調子に影響が出やすくなるので
出来る限り新しいうちに使い切るのが理想的なのです。

特に綿糸や絹糸などの天然素材の糸は古くなると切れやすくなったり
ロウ引き加工のされた糸などはカチカチに固まってしまっりと
縫い調子以前の問題が生じやすくなります。

しかし現実にはそういった古い糸を使用される方も多いわけで
テストの際には「15年モノの絹糸」とか
「30年モノのロウ引きカタン糸(綿糸)」等も試すようにし
とりあえずは問題無く縫えるようには仕上げるのですが
やはりキレイな縫い目を実現するには
封切り直後の新品糸がいいですね。

どうしても縫い調子が出ないという場合は
一度、糸も見直してみてください。

糸を変えるだけで、縫い目が綺麗に仕上がる。
原因の解らなかったトラブルが解決するという事も多くあります。


IMG_4291.jpg

2014/12/12

ミシンの大掃除【2】傷の確認と針板・送り歯のお手入れ

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

前回は釜の中のホコリを普段よりも念入りに取り除きました。

さて、早速ですが、ミシンの大掃除の続きを行っていきます!

ミシンの大掃除8

釜から取り外した釜蓋の部品ですね。
こちらにもホコリが乗っています。
乾いた布で拭き取り、念のため上部に針が当たった傷等が付いていないか確認しておきましょう。
(まれに針が上部に当たって傷付いている場合がございます)


ミシンの大掃除9


そして、ミシンの中釜です。

こちらにも針が擦れて傷がついてしまっている場合があります。

針が下りてくる部分と中釜の釜先(○く囲まれたあたり)が噛みあうように釜の中で動いているのですが、
針が折れたり・曲がったり・それてしまった場合に、釜先と針先が擦れて傷がついてしまう事があります。

糸が釜の周りをぐるりと通り抜けますので、釜先に傷が入っていると

糸調子がうまくとれなくなってしまったり
糸が絡まって縫えなくなってしまったり
下糸がループ状になってしまったり
下糸が強く、上糸調子ダイヤルを極端に強くしないと糸調子が合わなかったり
縫っている途中に糸が切れてしまったり


という様な様々な症状が起きてしまいます。

目に見えない程の細かい傷でも影響が出ますので、釜の先を触ってみて少しざらつきがある場合や、
普段上記のような症状が出ている方は念のため釜の先をヤスリで滑らかになる様お手入れをしてみてください。

ミシンの大掃除10

紙ヤスリは#400~1000番あたりの物を使用してください。
(ホームセンターさんなどで市販されている紙ヤスリでご使用いただいて大丈夫です)

釜の先端から厚みになっている部分も糸が擦れていきますので少しヤスリにくいですが、
机に紙ヤスリを置いて擦りつける様に磨いていただくとお手入れしやすいです。

ミシンの大掃除11


次に【針板(はりいた)】を取り外します。
取り外しには専用の【針板ドライバー】を使用してください。

ネジ山を潰してしまわない様、真下に少し力を加えて回していただくと外しやすいです。

ミシンの大掃除12

【針板】を取り外すと、ギザギザの【送り歯】が見えます。
普段お掃除をされていない場合、【送り歯】の周りにホコリがたまってきてしまいます
ホコリがあると、送り歯が前後に動けなくなってしまい、布送りが悪くなってしまいます。


ミシンの大掃除13

ホコリは簡単に取れますので、付属のドライバーやブラシの先を使って取り除いておきましょう。



ミシンの大掃除14

綺麗になりましたね!
ここまで来ましたら、あと少しです!


ミシンの大掃除15

先ほど取り外した【針板】に、針が落ちる穴があります。
この周りに、針が当たった小さな傷が出来ている場合があります。

ここも縫う時に糸が通りますので、傷があると糸が引っ掛かり上手く縫えなくなってしまいます。
針の先で「ちょん」と触れた小さな傷ですので、見えにくいとは思いますが、

糸自体も細いですよね。

人の目から見ると小さな傷でも、糸からすると結構な影響がでる傷跡なのです。

今回は、穴の手前側に少し。後ろ側にも少し。穴の内側にも少し傷が入っていました。


ミシンの大掃除16

ご自宅でお手入れされる場合は、
糸が引っ掛からない様に、傷ついている表面をマイナスドライバー等で擦り落とし、
傷のバリを取り除いてください。

傷跡が残っていても、糸が引っ掛からなければ問題有りません。
仕上げに紙ヤスリで整えていただければ、より良いです!


工具等をお持ちの方は、細手の棒ヤスリなどで磨いていただくと傷を取り除きやすいです。

どうしても針が落ちる穴の中は傷を取り除きにくいと思いますので、
傷が深い場合やご自身で上手くお手入れが出来ない場合は
部品購入戴く事も可能ですのでご検討ください。

釜の大掃除17

部品を取り付けて、ミシンの大掃除が完了です!

部品の取り外し方、取り付け方等は
お手元のミシンの説明書でご確認いただき、過去のブログ等も参考にしていただければと思います。

解らない事がありましたらお電話でのご案内も可能です、お気軽にお電話くださいませ。

それでは、また。

2014/12/05

ミシンの大掃除【1】釜のお手入れ

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今年もいよいよ終わりに近づいて参りました。
年末と言えば、大掃除です!


というわけで、本日のお題はミシンの大掃除です。

アックスヤマザキ通信を普段ご覧頂いている方ですと、何度となく釜のお手入れを取り上げてきましたので
もう知ってるわよ~という内容も出てくるかとは思いますが、

今日はいつもよりも少し、念入りにしっかりお掃除をしていきたいと思います。
普段のお手入れと使い分けていただいたり、
普段お手入れされていない方は是非!この機会に取り組んでみてください。

釜の分解方法や簡単なお手入れ方法は
過去に何度か記載がありますのでそちらも参考にしてみてください!

では、今回は修理でお預かりしたミシンを少しお借りして、
大掃除していきたいと思います。


釜大掃除1

ミシンは垂直半回転の縦釜タイプです。
釜の中を開いてみると。。。たくさんのホコリが!


釜大掃除2

そこで、普段は布やお掃除用のブラシを使っていただくのですが

今回はこの【マイナスドライバー】を使用します。


お電話で、「マイナスドライバーで擦るようにお掃除をしてください。」

とお伝えすると

「え?ブラシじゃないんですか?ドライバーだとミシンに傷が付きませんか???」

という反応を戴く事が時々あるのですが、

大丈夫です!

普段の簡単なお手入れや、綺麗にお使いいただいているミシンですと
布やブラシでホコリをとるだけで十分なのですが、
汚れがこびりついている場合、永くお手入れをされていないミシン等ですと
布やブラシでは汚れが取りきれません




釜大掃除3


マイナスドライバーで擦って戴くと、意外にもホコリがたくさん取れます!

また、目に見えない汚れがくっついているだけでも糸通りが悪くなり糸調子に影響が出てきます。
針の先が欠けて、釜の中にくっついていたりする場合も有ります。
普段釜の中を綺麗にお手入れしていただいている方も、この方法でより糸通りが良くなりますので
この機会に一度マイナスドライバーでしっかり汚れを擦り落としておいてください。



釜大掃除4

そして、次に使っていただくのが【つまようじ】です。

先ほど【マイナスドライバー】を使ってお手入れしていただいた、
奥の角になっている所へ、綿ホコリや糸くず、油等がこびりついています。



釜大掃除5


こちらも角から汚れを掻きだす様に、念入りにお掃除をしてみてください。


釜大掃除6

最後に乾いた布などでぐるりと釜の中を拭き取ります。


釜大掃除7

ずいぶんと綺麗になりましたね。

釜の中は上糸が通りぬける所です。
ホコリや糸くず、ゴミ等がたまってしまうと糸調子が悪くなるばかりでなく、
絡まって縫えなくなってしまうトラブルの原因にもつながります。

是非、この機会にミシンの大掃除に取り組んでみてください。


さて、釜の中は綺麗になりましたが、お手入れはまだまだ続きます。
続きはまた次回に。

2014/11/28

ミシンの梱包方法【運送時】

こんばんは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

さて、早速ですが本日のお題は【ミシンの梱包方法】です。
当社ではミシンの修理も受け付けておりますので、

「ミシンを修理に送りたいのですが。。。どうしたらいいでしょうか?」

というお電話をいただきます。
というわけで本日はミシンの梱包方法についてです。


ミシン修理で当社修理工場へ送って頂く際の注意は
先ずお買い上げ頂いた際に梱包されていた梱包箱をお持ちの場合は、
そちらにミシンを梱包してお送りください。ミシンにとって一番いい状態ですね!

箱はもうなくなってしまった、壊れてしまったという方は
お近くのスーパーやコンビニで段ボール箱が貰えると思いますので、
手頃なサイズの梱包箱をご用意いただき、丸めた新聞紙等を敷きつめた状態でミシンを入れ、
すきまなく新聞紙をつめてください。
底にも新聞紙を敷き詰めておくことで、運送時の振動からミシンを守る事が出来ます。

ミシン本体と梱包箱に隙間があると、輸送途中にミシン本体がガタガタ揺れて、
糸掛けや補助箱の脚、糸巻きなどが破損する恐れがありますので、
ミシンのまわりにしっかりと詰め物をしてください。

※運送途中に上部に荷物積み上げられ梱包箱に大きな圧力がかかり、ミシン本体の部品破損につながる恐れもありますので、梱包については、必ずミシン本体に負担のかからない状態でお送りください。


時々引越しの途中でミシンが壊れてしまった、という修理問合せもあります。
ミシンを送る時は本体に負担がかからないよう注意してくださいね。

工場へ送られてくる修理ミシンの中ではビニール袋でくるまれただけのものプチプチで何重にも巻かれたもの等々。。。
色々ありますが、ビニールだけだとミシンに直接衝撃が伝わり危険です。
プチプチは、衝撃からは守ってくれますが不安定な状態にもなりますし、
一般家庭では大量のプチプチ包装はお金がもったいないかと思います。
環境にもあまり良くないですしね。

やはり、ミシンはしっかりした箱に入れていただくのが一番ですね!
いざという時の為に、ご購入時の梱包箱は保管していただくことをおススメします。
そして、修理にお送りいただく際は一度お電話でご相談をお願いします。

修理のお問い合わせから、お電話口で原因が解決できることもたくさんありますので
「調子がおかしいかな?」と感じたらまずはお電話またはメールにてお問い合わせください。

修理に送らずに解決できるのが一番ですね!
ではでは本日はこれにて。

2014/11/21

ミシンのメンテナンス 【油の差し方】

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今日は【油の差し方】についてのお話です。
何度かミシンの釜のお手入れについてはご紹介しましたが、
時々お電話のお問い合わせで、

「ミシンの釜の油はどうさしたらいいですか?」

というご質問を戴きます。
ミシンを購入すると付属でついている「ミシン用油」
どの様に使うのが正しいのか。
使用するタイミングや量が解らないと不安ですよね。

ミシンの油は、釜の部品の動きを良くする為に差していただきます。

ある程度ミシンを使用戴くと、ミシンの釜の中には綿埃等がたまってきますので、
一度釜を取り出し、ホコリや古い油をふき取るようにお掃除をしていただきます。
その後、釜の中にほんの1滴、釜の溝の部分に差して戴くと良いのですが、
差した後にも注意してください。

油を差した部分は、ミシンの上糸が釜の中を通り抜ける部分です。

つまり、油を差す=ミシン糸に油が付いてくる可能性がでます。
釜の中が綺麗な状態であれば、ミシン油自体は洗濯すると簡単に取れますので
そんなに気にしていただかなくても大丈夫です。


しかし、油は釜の中の汚れを浮かせる役目もするため、
釜の中に汚れが残っていると縫い上がった糸が黒くなってしまう事もしばしば。。。



「という事は、釜の油はささない方がいいのでしょうか?」

という疑問が出てくるのですが

油は釜の汚れを浮かす」役目もしますので=釜の中は綺麗になります。

釜のホコリを取り除いて綺麗にふき取って、それでも残っている汚れが油を差すことによって浮いてきます。
そこで試し縫いを行うと釜の中に油が回って、釜の中がより綺麗になります。
ただ汚れを吸い取った糸が黒くなってしまう為、いきなり本縫いをするのは絶対に避けてください。

しばらく縫って糸が黒くならないところまで試し縫いをする
試し縫いをした後に、もう一度釜の中の余分な油をふき取ってしまうことをお勧めします。



また、古いミシンの場合、ミシン上部にも油差しをする個所が有ったかと思いますが、
しかし、最近のミシンの場合は中に電子部品等も組み込まれている為、
個人の方で油を差していただく場所は機種により異なります。

電子機器の故障にもつながりますので、必ずミシンの説明書に従って油を差してください。



最後に、ミシンには必ず「ミシン用油」をご利用ください。
別の種類の油を使用されますと、ミシンの動きが硬くなってしまいますのでご注意ください。


以上、よくあるお問い合わせ「油の差し方」についてでした。
ミシンをお使い戴く上で疑問等ありましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ!
お待ちしております。



ミシンの修理はこちらまで。

2014/11/14

ミシンを寒さから守ろう。

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今年もついに、厳しい寒さの日々がやってきました。
実は、ミシンにとって寒いところは良い環境ではありません。
ご存知でしたでしょうか?

機械に寒いも何も・・・と思われるかもしれませんが、
ミシンの中には動きを良くする為に油、グリスが使われています。

油は寒くなると硬くなりますよね。
つまり、寒いとミシンの動きも悪くなってしまいます。

寒い日に、押入れからミシンを取り出し動かしてみると「なんだか音が大きくなってる?」
と感じられるかもしれません。

ミシンの中のグリスが硬くなり、ミシンの動きも悪くなってしまっている状態です。

寒い日は、ミシンを少し暖かい部屋に出していただき、室温になじんでから動かしていただくと
比較的スムーズに動きやすいかと思います。

また、ミシンには湿気が大敵です。

急に暖かい部屋に出すと、温度差でミシン内にわずかに水滴が出来てしまう場合も有ります。

水滴が付着していると、糸調子を取る為の「糸調子皿」が開かなくなってしまう事も有ります。

久々にミシンを取り出し、糸をかけて縫うと、絡まってしまった!
という症状にもつながりますので、
上糸をかける時は、いつもよりしっかりとミシンの奥に糸が入るように、キュッと糸をかけてあげてください。

それでは、また。

2014/11/07

ミシンの釜のお手入れ

こんばんは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

本日のお話は、【釜のお手入れ】です。

今回は【垂直半回転(すいちょくはんかいてん)】タイプのミシンの釜をピックアップさせていただきます。
垂直半回転

この様なタイプですね。↑
昔ながらのボビンケースを縦にカチッとはめて使用するタイプです。

このタイプは簡単に分解して中のお手入れができるのですが、
皆さまミシンのお手入れってされてますでしょうか?

時々お電話で糸調子が合わないという内容から
釜の中のお手入れをご案内させていただく事もあるのですが。。。

「ここは、自分で分解してもいいのでしょうか?」

という方もおられます。。。

釜は糸が通って行くとても大切なところです。
布を縫う事で、綿埃等が発生しますので定期的にお手入れしていただいた方が良いところです!
お手入れを怠って、使う一方でいると。。。



縦釜タイプビフォー

この様な状態になってしまいます。
これは修理でお預かりさせていただいたミシンの釜です。
布を縫った時に発生する綿埃と、ミシンの釜の油が混ざってベトベトしています。
更には、糸を噛みこんだのか、糸くずまで残っています。

釜の中は細い糸が通り抜けるところです。

上と下の糸が絡み合い、糸調子を取り縫い目になります。
非常に細い隙間を糸が通って行くのでホコリや糸くずがあると糸調子が悪くなってしまうばかりか、絡まってしまい縫えなくなってしまう事もあります。

それでは!早速お手入れをしていきましょう!
先ずは、目に見えているゴミをピンセットで取り除き。。。


磨きます!

釜にくっ付いてる汚れをふき取ります!
いらなくなったタオルやハンカチ、ガーゼ等で大丈夫です。


ホコリが。。。

釜の中でくっ付いていたホコリや汚れがとれましたね!
指では届かないような溝の奥、角の部分もマイナスドライバーの先などでしっかり擦り落してください。

釜の中では、目に見えない程度の汚れでも糸調子に影響が出ます。

見た目には埃が無くても、時々お掃除をしていただく事をお勧めします!
そして角の部分には、細かい埃と油がこびりついている事があります。
布で擦るだけではとれない場合がありますので、針の先やつまようじの先等を使って、汚れを掻きだす様にお掃除をしてください。



ホコリホコリ。

こんなにたくさん入っていました。
これだけのホコリがあれば、綺麗に縫えないのも納得です。


綺麗になりました!

釜の中は、綺麗にふき取ってホコリが無くなりました!
糸の流れもスムーズです!

せっかく買ったミシンは長く大切に使いたいですね。
昔からミシンをお使いの方は、お手入れと注油が当たり前。という方の方が多いのですが、
時々、ミシンを使うばかりでお手入れを全くされていない方がたまにおられます。。。
時々で結構ですので、ミシンのお手入れをしてあげてくださいね!

釜の取り外し方やはめ方等、解らない事がありましたらお気軽にフリーダイヤルまでお問い合わせください。

それでは、また。

2014/10/30

ミシンが動かない?故障かな?と思った時は

こんにちは。
ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。

今日お伝えしたい事はとっても簡単!でも、意外と見落としがちのワンポイントです。


お電話で時々あるお問い合わせなのですが、
「ミシンが急に動かなくなってしまいました!さっきまでは縫えていたんですけど」

というとても焦ったお電話。
ミシンを縫っていて、さぁ続きを縫おう!

・・・と思ったら、動かない!?

皆様はそのような経験ありますでしょうか?


もちろん、急ぎで仕上げないといけない縫物だととても焦りますし。
買ったばかりのミシンだととてもショックですよね。


こんなとき、原因はわかりますでしょうか?
実は、ミシンを使っている方ならよ~く考えていただくとすぐに解る原因なのです!!








そんな事になった事無いわ。
という方も、今後の参考に一緒に考えて見てくださいね。




右手のはずみ車は回ります。





ミシンの電気も付いています。





モーターの回る音も微かに聞こえてるのですが。。。。









さて、そんな時の原因は。。。ズバリ!下糸巻き軸!です!



「下糸巻き軸?お釜の所ですか?」と言われる方もおられますが、いえいえ、違います。



下糸を巻く時に使っていただく



ミシン本体


ここです!

本体の右上にある銀色の軸ですね。




下糸巻き軸が回る


ミシンをスタートしていただくと"ブーン"という音と一緒に軸が回ります。



下糸巻き軸が右


軸が右に寄っていると、下糸を巻く状態になります。
最近のミシンでは、針は安全装置が働き下糸を巻いている間は動かない設計になっている
事がほとんどなのです。


下糸巻き軸を左へ


下糸巻き軸を、左へパチンとずらしていただくだけで問題無く縫えるようになります!
また、軸が左に寄りきっていない場合も針が動かなくなってしまいますので
下糸巻き軸が回っていない場合は「右に寄せる⇒軸が回る⇒左に寄せる⇒針が動く」
この動作を一度ご確認ください。



簡単な答えでがっかりされた方もおられると思いますが
急にミシンが動かない!となると、皆様びっくりされてお電話いただく事が多いのです。

頭の片隅に入れておいて戴ければ、焦る事がなく落ち着いて対処できるというワンポイントでした!
それでは、また。

PAGE TOP