ホーム > ミシンの森 > アックスヤマザキ通信

ミシンの森

アックスヤマザキ通信

2014/07/02

布を噛み込んだ時の対処法

こんにちは。

ミシンメーカーアックスヤマザキの櫃本です。


こちらのブログでは、よりミシンを快適にお使いいただくための豆知識や、

よくお客様からお問い合わせをいただくトラブルなどの対処法をご案内させていただきたいと思います。


第1回目にご紹介させていただく内容は、修理工房より『布を噛み込んだ時の対処法』です。


修理で届いたミシンの中で「布を噛みこんでしまって動かなくなってしまった」という内容のものがありました。


布の噛みこみ状態

布が針板の下まで入ってしまって抜けなくなってしまっています。
もちろん右手のはずみ車を回しても硬くて回らない状態になっています。

この状態から無理に布を引っ張ったり、はずみ車を力ずくに回してしまうと
ミシンの内部の部品が歪み破損し、修理しないと直らない状態になってしまいます。


とても大切なポイントです!
  「布を噛みこんだ時は、絶対に力ずくに動かさないでください!


 
先ず初めに、ミシンの電源を切ってください。

この状態では釜と針が中で引っ掛かっていて動きませんので、先ず針を取り外します。

針止めのネジを緩め、
ペンチ等を使用し針を引き抜いてあげてください。


先ず針を外します。


はずみ車を軽く前後に動かすと、引っ掛かっていた針がスムーズに取り出せます。


取り出せました!

 無事に針が取り出せました。



この状態では、まだ布が引っ掛かって外れない場合があります。
絡まっている糸を見えている範囲で切って取り除き、

針板(ミシンの鉄板部分)を左右のネジを緩めて取り外します。



針板をはずします。


針板を外すと、穴に挟まっていた布も簡単に取り外せます。


無理やり力ずくで引っ張るのではなく、順番に1つづつはずしていくと簡単に取り外せますので

落ち着いて作業してみてくださいね。

【ミシンの修理はこちらまで】


2013/06/21

ホームページリニューアルのお知らせ

このたび当社では、ホームページをリニューアルいたしましたので、ご案内申しあげます。

今回のリニューアルで、ページの見やすさ、インターネットでの修理受付、部品購入のご案内等、よりお客様にとっての利便性を高められるよう、配置や構成を見直させていただきました。

今後も、より親しみやすさを感じて頂けるホームページとなるよう努めて参りますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

PAGE TOP